【野々村 拓】流体最適制御に向けた高速高精度データ同化手法の確立

さきがけ研究者

野々村 拓
野々村 拓

東北大学
大学院工学研究科
准教授

研究概要

流体の準最適制御にむけ,高速な流体場のデータ同化手法のための2つの技術を研究します。(i).オプティカルフローによる流体の詳細情報の取得と低次元化と(ii)準最適制御理論による新たな3次元変分法、項目(i)では、流体場の詳細情報取得を行い、高精度な低次元化を行うことで計算コスト低減を行います。項目(ii)では準最適制御の考えを導入し適切な高速高精度の新たな3次元変分法を構築します。

プログラム

  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
  • AI時代と科学研究の今
  • AIPネットワークラボ
  • JSTプロジェクトDB
  • 終了事業アーカイブズ
  • ご意見・ご要望