【葛西 卓磨】試料への情報の符号化を活用するNMR計測・解析法

さきがけ研究者

葛西 卓磨
葛西 卓磨

理化学研究所
生命システム研究センター
研究員

研究概要

核磁気共鳴(NMR)法はタンパク質の構造や運動性を調べることのできる強力な方法ですが、大きなタンパク質などは苦手です。本研究では、タンパク質試料にあらかじめアミノ酸の情報を付加する符号化標識法と、テンソル分解による解析法を組み合わせることで、NMR観測データの分離、タンパク質のどの部分に対応するかの特定、運動性などの情報の取得を同時に行い、より幅広いタンパク質の解析に使える手法の開発を目指します。

プログラム

  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
  • AI時代と科学研究の今
  • AIPネットワークラボ
  • JSTプロジェクトDB
  • 終了事業アーカイブズ
  • ご意見・ご要望