【大川 宜昭】記憶痕跡活動の可視化が開く記憶の新たな操作法

さきがけ研究者

大川 宜昭
大川 宜昭

富山大学
大学院医学薬学研究部(医学)
講師

研究室ホームページ

研究概要

記憶は、学習時の情報の入力に応答して活性化した一群の神経細胞に蓄えられることが実証されています。この細胞を”記憶痕跡細胞”と呼びます。本研究課題では、学習前・学習中・学習後の記憶痕跡細胞に特有の活動パターンを観察することで、記憶の情報処理のタイミングを見出します。さらに、得られた情報をもとにして、記憶痕跡細胞の活動を操作し対応する記憶の質的変化を調べることで、記憶の新しい操作法の確立を目指します。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

arrow さきがけ研究者たちの活躍(研究成果)

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望