【辰己 賢一】確率光合成モデルによる高汎化型イネ成長応答モデルの開発

さきがけ研究者

辰己 賢一
辰己 賢一

東京農工大学
大学院農学研究院
准教授

研究概要

本研究では、イネの光合成量や収量を高い確度で再現・予測でき、多様な環境変化に対する栽培の最適化やリスク評価に貢献できる確率光合成モデルによる高汎化型イネ成長応答モデルを開発します。さらに、光合成特性をモンテカルロ法で模擬的に表現することで実測データの偏りや不足を補い、オンサイトでの実証によりモデルの有効性の検証や精緻化に取り組むことで、イネ成長の再現・予測を可能にする基盤技術の高度化を目指します。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

arrow さきがけ研究者たちの活躍(研究成果)

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望