【野下 浩司】マルチスケールデータ融合による草姿・草型の超解像フェノタイピング技術の開発

さきがけ研究者

野下 浩司
野下 浩司

科学技術振興機構
さきがけ研究者

研究室ホームページ

研究概要

本研究では、作物の草姿・草型(植物体の空間パタン)の大規模かつ詳細な経時的フェノタイピングシステムの構築に取り組みます。地上での詳細な定量化により、上空からの無人航空機などを利用した大規模・高頻度のモニタリングを補完する草姿・草型の超解像技術を確立し、広範囲・高精度・高頻度の定量化と機能性評価を可能にするシステムを構築します。開発したシステムを利用し、栽培現場における課題解決への貢献を目指します。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

arrow さきがけ研究者たちの活躍(研究成果)

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望