【野田口 理孝】農作物の早期診断技術の創出と栽培法の最適化

さきがけ研究者

野田口 理孝
野田口 理孝
名古屋大学
高等研究院
助教

研究概要

本研究では、植物の発生・成長システムに着目して、栽培中の植物の生育状態を早い段階から診断する手段を提供します。診断技術の精度を高めるため、フィールドで栽培される植物を対象に、環境要素・生育状態・作物形質を情報化し、主成分分析等によって診断に有益な情報を抽出します。以上より、地球規模の環境変動に伴うフィールドごとの環境負荷の問題を解消する技術創出に取り組みます。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

arrow さきがけ研究者たちの活躍(研究成果)

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望