【福田 弘和】精密環境オミクスデータに基づく植物生産不安定性の解明

さきがけ研究者

福田 弘和
福田 弘和
大阪府立大学
大学院工学研究科
准教授

研究概要

あらゆる植物生産において「予期せぬ生産性の低下」を引き起こす生産不安定性が潜んでいます。そこで本研究では、植物工場における精密な環境データとオミクスデータの時系列的な解析により、植物体内の複雑・非線形な生理応答に由来する「生産不安定性」を解明し、その数理モデルを構築します。これにより、植物生産における「生産不安定性」の根本を解明し、植物生産におけるリスクの回避を目指します。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

arrow さきがけ研究者たちの活躍(研究成果)

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望