【東樹 宏和】頑健な植物共生システムの設計に向けた「コア共生微生物」探索技術の開発

さきがけ研究者

東樹 宏和

東樹 宏和

京都大学
生態学研究センター
准教授

研究室ホームページ

研究概要

本研究では、「野外環境で微生物叢全体を制御する」基礎技術の構築を目指します。これまでに有用菌として認識されてきた共生細菌・真菌であっても、共生微生物叢全体からみれば、他の菌に排除されやすいものが多く含まれます。そこで、「他の菌との競争に強く」かつ「有用菌と植物の共生を安定化させる」菌(「コア共生微生物」)を探索し、植物の生育をその生涯にわたって促進する技術の開発を目指します。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

arrow さきがけ研究者たちの活躍(研究成果)

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望