【藤井 壮太】遺伝育種の拡張に向けた種間隔離メカニズムの解明

さきがけ研究者

藤井 壮太

藤井 壮太

東京大学
大学院農学生命科学研究科
助教

研究概要

生物界が長い時間をかけて蓄積してきた自然変異は広大で、それを活用し環境適応型作物を産出する事が育種の本質です。本研究ではアブラナ科植物をモデルとしてゲノムワイドに種間の隔離障壁となる遺伝因子を決定し、種を隔離するメカニズムを包括的に解明します。将来的には隔離メカニズムの人為改変により利用可能な遺伝資源の裾野を広げ、遺伝育種の「拡張」を目指します。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

arrow さきがけ研究者たちの活躍(研究成果)

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望