【田野井 慶太朗】植物体内物質動態に関する表現型の定量評価基盤技術の構築

さきがけ研究者

田野井 慶太朗
田野井 慶太朗
東京大学
大学院農学生命科学研究科
准教授

研究概要

必須のミネラルや光合成産物が、どのように植物体内を輸送されるのか、環境変化でどのように変わるのかを、放射性同位体を用いた可視化技術で調べます。さらにはオミクスデータを組み合わせることで、物質輸送を担うシステムの洗い出しを情報科学を用いて行います。このことで、植物が環境変化に対してどのような物質輸送で対処しようとしているのかの理解に挑戦します。物質動態を通して作物生産の向上を図りたいと思います。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

arrow さきがけ研究者たちの活躍(研究成果)

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望