【菅野 茂夫】組み換え遺伝子を利用しない新奇植物ゲノム編集法の開発

さきがけ研究者

菅野 茂夫

菅野 茂夫

立命館大学
立命館グローバル・イノベーション研究機構
助教

研究概要

ゲノム編集による作物育種技術は急速に発展していますが,フィールドに適応するためには,「組換え遺伝子を使用する過程を含む」という倫理的・法的な問題があります.本研究課題では,組換え遺伝子を利用しない新しい植物ゲノム制御技術の発明を目指します.さらに,ゲノム編集と組織培養の組み合わせにより,意図しない変異が植物ゲノム全体にどの程度入るか調べ,データに基づいたゲノム編集技術の安全化・効率化を図ります.

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

arrow さきがけ研究者たちの活躍(研究成果)

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望