【市橋 泰範】植物-マイクロバイオータ超個体の生命活動ネットワーク解明

さきがけ研究者

市橋 泰範

市橋 泰範

科学技術振興機構
さきがけ研究者

研究概要

農業の現場であるフィールド土壌には、膨大な微生物で構成される生態系・マイクロバイオータが存在するため、植物とマイクロバイオータを一つの超個体として捉えることができます。本研究では、時系列のゲノム・トランスクリプトーム・フェノーム解析により、植物-マイクロバイオータ超個体の生命活動ネットワークを明らかにし、合成生物学的手法による植物形質デザインの新規システム開発を目指します。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

arrow さきがけ研究者たちの活躍(研究成果)

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望