【赤木 剛士】カキ属をモデルとした環境応答性の性表現多様化機構の解明

さきがけ研究者

赤木 剛士
赤木 剛士
京都大学
大学院農学研究科
助教

研究概要

本研究は、提案者が、植物で世界で初めて性染色体決定因子を同定したカキ属植物において、画一的な性表現を示す二倍体野生種群から栽培カキへの進化の中で成立した「環境に依存した柔軟性の高い性表現多様化」の要因解明を行うものです。最終的には、様々な性表現を有する植物種間において情報の統合を行い、性決定多様化機構の一般性の定義、とともに、「潜在的に起こりえる多様な性表現」を人為的に制御することを目指します。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

arrow さきがけ研究者たちの活躍(研究成果)

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望