【坂上 貴洋】高分子物質のトポロジカル構造解析による新規物性の探索と設計

さきがけ研究者

坂上 貴洋
坂上 貴洋

九州大学
大学院理学研究院 物理学部門
助教

研究概要

高分子系では、絡み合い状態の制御により多様な物性の創出が期待されます。大規模計算機シミュレーションから得られる大量の高次元データから、トポロジカルな拘束を表現する情報を抽出し、理論研究との融合により、新規な絡み合い状態の高分子系の構造的特徴を明らかにします。これらの構造特性と付随する力学特性、流動物性を結びつけ、従来の枠をこえて絡み合いの概念を深めることにより、新規材料開発へと繋げていきます。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

arrow さきがけ研究者たちの活躍(研究成果)

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望