【大塚 朋廣】機能性固体微細材料のミクロレベル電子物性解析基盤技術の構築

さきがけ研究者

大塚 朋廣
大塚 朋廣

理化学研究所
創発物性科学研究センター
研究員

研究室ホームページ

研究概要

固体微細材料中の局所電子状態は、将来の新デバイス、エレクトロニクスにおいて重要な役割を果たします。本研究ではこの局所電子状態に直接アクセスできる独自のミクロプローブによる分析手法を、電子状態のシミュレーション等の理論、ミクロプローブによる測定データとモデルシュミレーションとを結びつけるデータ科学と融合させ、機能性固体微細材料のミクロレベルからの電子物性解析基盤技術の構築を行います。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

arrow さきがけ研究者たちの活躍(研究成果)

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望