【志賀 元紀】物質・材料の微細構造計測におけるインフォマティクス技術の開拓

さきがけ研究者

志賀 元紀
志賀 元紀

岐阜大学
工学部
助教

研究概要

物質・材料計測において,原子レベル解像度の微細構造を自動的に網羅計測できる技術が目覚ましく発展するとともに,1計測のデータ量の肥大化が進み,データ科学による援用が必要不可欠とされます.本研究課題では,走査型電子顕微鏡などの微細構造計測データから物質構造を予測する機械学習法を開発します.そして,計測データの解析コストの大幅削減や未知の物質構造の同定などの問題解決を目指します.

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

arrow さきがけ研究者たちの活躍(研究成果)

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望