【袖山 慶太郎】高精度DFT-MD法とデータ科学を融合させた新規高濃度電解液探索

さきがけ研究者

袖山 慶太郎
袖山 慶太郎
科学技術振興機構
さきがけ マテリアルズインフォマティクス領域
専任研究員

研究概要

高機能リチウムイオン電池実現に向けて新しい電解液材料の開発が急がれています。本研究では近年見つかった高濃度電解液の新規材料探索を行います。具体的には、高性能化したい物理量の記述に本質的に必要となる特徴量をデータ科学手法を用いて抽出し、それに基づく広範な材料探索手法を構築します。さらに高速充電や高耐久性など複数機能の同時最適化法を確立します。これら技術は他の新規材料探索分野への普及が期待されます。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

arrow さきがけ研究者たちの活躍(研究成果)

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望