【中村 壮伸】トポロジカルデータ解析に基づくアモルファス構造の包括的記述と特徴抽出

さきがけ研究者

中村 壮伸
中村 壮伸
東北大学
原子分子材料科学高等研究機構
助教

研究概要

結晶では幾何構造を記述する数理的手法がある事によってマテリアルズインフォマティクス(MI)の適用を可能にしました。他方、非晶質材料では幾何構造を記述する汎用的数理的手法がないためMIの適用を困難にしています。申請者は近年発明されたパーシステントホモロジーを用いて非晶質構造を記述する手法を提案し、MIの適用範囲を広げるとともにアモルファス材料の構造物性相関の指導原理を探求します。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

arrow さきがけ研究者たちの活躍(研究成果)

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望