【中島 千尋】物性測定における『熟練』と機械学習の統合的アプローチ

さきがけ研究者

中島 千尋
中島 千尋
東北大学
原子分子材料科学高等研究機構
助教

研究概要

応募者の研究背景と所属機関の特色を活かし、材料測定技術にインフォマティクスを導入します。特に、実験研究者の卓越した発想や熟練に対しインフォマティクスを相補的に用いることによって、(1)実験装置の新規な利用法の実用化、(2)複雑な手順を要する測定の自動化・大量データ処理への対応、(3)異なる専門技術同士の橋渡し・統合による新規な測定手法の確立を行い、物性測定の側面から新物質創成の基盤形成を試みます。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

arrow さきがけ研究者たちの活躍(研究成果)

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望