【小原 真司】機能性不規則系物質の原子・電子レベル構造解析基盤の構築

さきがけ研究者

小原 真司
小原 真司
物質・材料研究機構
先端的共通技術部門 量子ビームユニット シンクロトロンX線グループ
主幹研究員

研究概要

本研究では、原子の並び方には規則性がないと考えられているガラス・液体・アモルファスと言った不規則系物質に注目します。最先端の放射光実験基盤を構築し、計算機シミュレーション、データ科学を組み合わせることにより、高温・高圧・微小重力下と言った様々な環境下における不規則系物質の物性および機能の発現メカニズムを原子・電子レベルで解析・体系化し、マテリアルデザインへフィードバックすることに取り組みます。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

arrow さきがけ研究者たちの活躍(研究成果)

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望