【藤枝 伸宇】メタンを水酸化するバイオ電極触媒の開発

さきがけ研究者

藤枝 伸宇
藤枝 伸宇

大阪大学
大学院工学研究科
助教

研究概要

生命が40億年の進化において獲得した究極の触媒、それがタンパク質酵素です。その潜在能力を電気の力で助長し、最大限に引き出すことで革新的な触媒を作ります。特に、メタンを直截的にメタノールへ変換するメタン酸素添加酵素系を細胞内にアッセンブルし、電極材料と組み合わせることで安定なバイオ電極触媒とすることを目指します。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

arrow さきがけ研究者たちの活躍(研究成果)

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望