【杉本 敏樹】オペランド分光計測に基づくメタンの部分酸化還元光触媒反応場の創製と学理構築

さきがけ研究者

杉本 敏樹
杉本 敏樹

京都大学
理学研究科
助教

研究室ホームページ

研究概要

本研究では、中赤外~近紫外の波長領域の光を駆使した’光触媒反応条件下’のオペランド電荷分光・分子分光を計測の基軸として、遷移金属ナノ粒子の低配位金属カチオンとメタン分子の強い配位結合(電荷移動型相互作用)を観測・デザインします。表面カチオンとメタンの活性構造を明らかにすることでメタンの部分酸化還元光触媒に有利な反応場を創製し、その分子スケールの界面物理化学を構築します。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

arrow さきがけ研究者たちの活躍(研究成果)

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望