【中山 哲】ナノスリット構造とハイブリッド化によるin silico触媒設計

さきがけ研究者

中山 哲
中山 哲

北海道大学
触媒科学研究所
准教授

研究概要

本提案では、第一原理計算手法を駆使し、固体酸化物や金属、有機化合物を複合的に組み合わせることで出現する特異な反応場に着目し、メタンや低級アルカンの反応活性化に有効な触媒材料探索を試みます。具体的には、固体酸化物や金属によるナノスリット構造、また固体酸化物と有機化合物のハイブリッド触媒のin silico設計を行います。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

arrow さきがけ研究者たちの活躍(研究成果)

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望