【浦川 篤】非定常操作による低級アルカンの酸化的アップグレード

さきがけ研究者

浦川 篤
浦川 篤

カタルーニャ化学研究所
研究グループ長

研究概要

触媒近くの反応雰囲気といった条件を周期的に変化させる「非定常操作」を利用することで、熱力学的に制限されにくい環境を作り出し、低級アルカンのアップグレード反応への選択性向上を狙います。また、反応条件下の触媒や気相・表面化学種を分光法や可視化により調べることで、活性種や反応メカニズムの理解を深め、触媒材料そして触媒プロセスの合理的設計を目指します。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

arrow さきがけ研究者たちの活躍(研究成果)

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望