【小河 脩平】多電子レドックス触媒による電場中での低温メタン直接転換

さきがけ研究者

小河 脩平
小河 脩平

早稲田大学
理工学術院
助教

研究室ホームページ

研究概要

本研究では,低温での反応を可能とする電場触媒反応と外部電位に応答して可逆な酸化還元特性を示す多電子レドックス触媒(ポリオキソメタレート)を組み合わせることで,安価なメタンから低温(<300度)で低級オレフィンへ直接転換することを目的とします。低温での電場印加により触媒表面上に活性酸素種を形成することにより,高温の気相で進む非選択的な反応を抑制し,高い活性・選択性を発現させます。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

arrow さきがけ研究者たちの活躍(研究成果)

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望