【楠本 周平】金属-配位子協働作用によるアルカン官能基化反応開発

さきがけ研究者

楠本 周平
楠本 周平
東京大学
大学院工学系研究科化学生命工学専攻
助教

研究概要

本研究では、メタンをはじめとする低級アルカン類の脱水素酸素官能基化反応の開発を行います。具体的には水を酸素源として用い、脱水素によりメタノールやエタノール、アセトンなどの基礎化成品の生産を目指します。課題達成のため、金属と配位子の協働的な触媒作用に着目します。分子内の酸性プロトンと金属上のヒドリドによる水素分子の放出、金属と配位子間の効率的な電子移動という精密な錯体設計により難題を解決します。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

arrow さきがけ研究者たちの活躍(研究成果)

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望