【邨次 智】表面特異的なオキソ結合・欠陥とパルス電場を駆使した機能積算型メタン変換場の開発

さきがけ研究者

邨次 智
邨次 智
名古屋大学
大学院理学研究科物質理学専攻(化学系)
助教

研究概要

本研究では、メタン活性化の鍵となる機能を駆使し積算した革新的触媒を開発します。メタンの部分活性化と、続く活性酸素種との結合を狙うべく、表面特異的なオキソ結合・欠陥を構築し、触媒活性点周囲に生成物過剰反応防止空間、及び生成物の活性点からの脱離促進を狙うパルス電場印加システムを組み合わせます。それにより、触媒反応の鍵過程の制御機能を積算した、新しいメタン変換場の構築を提案します。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

arrow さきがけ研究者たちの活躍(研究成果)

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望