【船津 麻美】金属ナノシートを基軸とした革新的触媒の創出

さきがけ研究者

船津 麻美
船津 麻美
熊本大学
大学院自然科学研究科
助教

研究概要

金属ナノシートは、金属触媒(材質)由来の高い反応性と構造由来(厚さ1ナノメートル程度、幅数百ナノメートル~数マイクロメートル)の高い反応性を併せ持つ材料です。そのため、従来の金属微粒子等と比較して、優れた触媒活性や酸化・還元性能等が得られることが期待されています。本研究では様々な金属元素からなる金属ナノシートを合成し、この金属ナノシートを用い、最終的にメタンを直接的に分解できる技術を確立することを目指します。

プログラム

  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
  • AI時代と科学研究の今
  • AIPネットワークラボ
  • JSTプロジェクトDB
  • 終了事業アーカイブズ
  • ご意見・ご要望