【山田 智明】強誘電体ナノ構造の分極操作が創り出す巨大圧電効果

さきがけ研究者

山田 智明
山田 智明

名古屋大学
大学院工学研究科
准教授

研究室ホームページ

研究概要

本研究は、強誘電体のナノスケール構造における特異な電気的境界条件を利用して、分極方位やその安定性を操作することで、これまでにない巨大な圧電効果(機械的エネルギーと電気的エネルギーの変換機能)を示す圧電膜を創製するものです。これにより、従来より飛躍的に小型で高効率なナノジェネレータ(ナノスケール発電素子)の実現を目指します。

プログラム

  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
  • AI時代と科学研究の今
  • AIPネットワークラボ
  • JSTプロジェクトDB
  • 終了事業アーカイブズ
  • ご意見・ご要望