【中村 優男】バルク光起電力効果による光電変換プロセスの機構解明と高効率化に向けた新材料開拓

さきがけ研究者

中村 優男
中村 優男

理化学研究所
創発物性科学研究センター
上級研究員

研究概要

空間反転対称性の破れた物質に光照射をすると光起電力が生じることが知られており、バルク光起電力効果と呼ばれています。近年、このバルク光起電力の起源がシフト電流と呼ばれる量子力学的な位相に関連したものであることが明らかになりました。本研究では、シフト電流の学理の解明を通してバルク光起電力効果を増幅させる材料設計指針を明らかにし、可視赤外光に応答する新しい光電変換材料を開拓することを目指します。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

arrow さきがけ研究者たちの活躍(研究成果)

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望