【酒井 英明】多層ディラック磁性体における新奇熱磁気発電現象の開拓

さきがけ研究者

酒井 英明
酒井 英明

大阪大学
大学院理学研究科
准教授

研究概要

磁性体において熱流と直交方向に発電する熱磁気効果は、単純な素子構造のため環境発電に適していますが、起電力が小さいことが問題でした。そこで本研究では、伝導キャリアの有効質量がゼロのため巨大な熱磁気起電力を示すディラック電子系磁性体を新規開拓します。超高圧や真空等を利用した新物質創製を通じ、ディラック電子特有の優れた熱磁気効果を探索し、その基礎学理構築と革新的発電応用に向けた基盤的貢献を目指します。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

arrow さきがけ研究者たちの活躍(研究成果)

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望