【藤ヶ谷 剛彦】半導体性単層CNTからなる熱電変換シートの創製

さきがけ研究者

藤ヶ谷 剛彦
藤ヶ谷 剛彦
九州大学
大学院工学研究院応用化学部門
准教授

研究概要

単層カーボンナノチューブ(以下:単層CNT)を素材とした、世界最高の変換効率と耐久性を持つ熱電変換シートの開発を目的とします。用いる単層CNTの直径や電気的性質を選択することで高いゼーベック係数を達成し、安定なドープを実現する機構を突き止めることで、高耐久化を目指します。単層CNTの接点の理解と制御に着目し、実測データと連動しながら巨大モデリングを構築することで、高効率化へ繋げる戦略です。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

arrow さきがけ研究者たちの活躍(研究成果)

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望