【鈴木 孝明】柔軟な3次元微細構造を用いたポリマー振動発電

さきがけ研究者

鈴木 孝明
鈴木 孝明
群馬大学
大学院理工学府知能機械創製部門
准教授

研究概要

本研究では、PVDF(ポリフッ化ビニリデン)溶液を用いた圧電薄膜成膜技術と、独自の加工技術である3次元リソグラフィ技術を組み合わせることによって、特殊な3次元微細形状を有する振動発電デバイスを開発します。柔軟で複雑な3次元微細形状を組み合わせたデバイスを作製することにより、デバイス対応周波数の低周波数化、広帯域化を図り、様々な環境の微小振動エネルギーを電力として高効率変換することを目的とします。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

arrow さきがけ研究者たちの活躍(研究成果)

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望