【湯浅 裕美(福澤裕美)】スピンゼーベック発電増大に向けた新材料と新構造の探索研究

さきがけ研究者

湯浅 裕美(福澤裕美)
湯浅 裕美(福澤裕美)
九州大学
大学院システム情報科学研究院
教授

研究概要

温度差を利用するスピンゼーベック発電において、現在pW級の発電密度をμW級へと向上する実現可能性を示します。具体的には、これまでにない材料組成や微細構造を導入し、発電密度を決定するスピンホール角、スピンミキシングコンダクタンス、マグノンの温度差といった物理パラメータを増大します。アイデア検証を進め、実験結果に基づき発電密度のポテンシャルを見積もり、エナジーハーベストへの貢献を目指します。

プログラム

  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
  • AIPネットワークラボ
  • JSTプロジェクトDB
  • 終了事業アーカイブズ
  • ご意見・ご要望