【吉田 秀人】熱電ナノ材料の原子構造とナノスケール温度分布の可視化

さきがけ研究者

吉田 秀人
吉田 秀人
大阪大学
産業科学研究所
准教授

研究概要

熱電変換時の熱電ナノ材料のナノスケール形状や原子構造と温度分布とを、透過型電子顕微鏡法と電子エネルギー損失分光法により1対1に対応付けて可視化します。これにより、熱電ナノ材料の表面形状や界面構造が熱電変換性能に及ぼす影響を解析評価する方法を確立します。また、気体中の熱電ナノ材料の環境制御型透過電子顕微鏡観察により、熱電ナノ材料の熱電変換性能劣化と材料の構造変化の関係を原子スケールで解明します。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

arrow さきがけ研究者たちの活躍(研究成果)

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望