【松永 隆佑】高強度テラヘルツ電場による量子多体系の非平衡物理の探索

さきがけ研究者

松永 隆佑
松永 隆佑

東京大学
物性研究所
准教授

研究概要

本研究では、高強度テラヘルツパルス発生を主軸としたフォトニクス技術を活用して、量子多体系の凝縮状態において現れる秩序の性質を解明し、対称性の自発的な破れに付随する普遍的かつ未解明の現象を探索します。マクロスケールで発現する量子凝縮の代表といえる超伝導に着目し、その非平衡ダイナミクスの解明と光電場による制御を通して、物性物理学と最先端光学技術が融合した研究分野を開拓していくことを目指します。

プログラム

  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
  • AI時代と科学研究の今
  • AIPネットワークラボ
  • JSTプロジェクトDB
  • 終了事業アーカイブズ
  • ご意見・ご要望