【上村 直】生体組織や細胞の力を可視化する新奇ナノプローブの創製と革新的バイオイメージングへの応用

さきがけ研究者

上村 直
上村 直

九州工業大学
大学院工学研究院
助教

研究概要

結晶構造の制御と希土類イオンのドーピング技術によって、力学的刺激で発光する光機能性物質の開発に成功しました。本研究では、このユニークな光機能性材料をナノ光源プローブとして利活用することで、生体組織や細胞にかかる”力”をin vivoでリアルタイムに可視化・計測する新しい技術を構築します。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

arrow さきがけ研究者たちの活躍(研究成果)

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望