【岩崎 孝之】IV族元素を用いた固体量子光源エンジニアリング

さきがけ研究者

岩崎 孝之
岩崎 孝之

東京工業大学
工学院
准教授

研究概要

量子光源は、安全な情報通信を可能とする量子ネットワーク構築のためのキーデバイスです。その候補としてダイヤモンド固体中のカラーセンターが期待されていますが、鋭い発光線、高い量子効率および高スペクトル安定性を満たしていません。私が世界に先駆けて報告したゲルマニウム‐空孔(GeV)センターは上記条件を満たす可能性を有しており、本研究ではGeVセンター量子光源の有用性を追求します。

プログラム

  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
  • AI時代と科学研究の今
  • AIPネットワークラボ
  • JSTプロジェクトDB
  • 終了事業アーカイブズ
  • ご意見・ご要望