【貴田 祐一郎】モノサイクルX線自由電子レーザー実現に向けた高出力シード光源開発研究

さきがけ研究者

貴田 祐一郎
貴田 祐一郎

科学技術振興機構
さきがけ研究者

研究概要

本研究では、高出力深紫外モノサイクルレーザーパルス光源を開発します。これは高いエネルギーと極めて短いパルス幅を併せ持つ、世界最先端の手法を用いても実現できないものでした。その実現により、新しい光-物質相互作用の研究が可能となるだけでなく、モノサイクルX線自由電子レーザーという、人類未踏の時間領域「ゼプト秒(10-21秒)領域」における光-物質相互作用の観測を可能にする道が切り開かれます。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

arrow さきがけ研究者たちの活躍(研究成果)

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望