【齊藤 尚平】局所応力イメージング技術の限界を突破する「光分子力学」の開拓

さきがけ研究者

齊藤 尚平
齊藤 尚平

京都大学
大学院理学研究科
准教授

研究室ホームページ

研究概要

有機材料や生体組織に働く局所的な微小応力を解析する技術は、レオロジーやメカノバイオロジーの先端研究において重要です。しかし、従来の原子間力顕微鏡や光ピンセットを用いた解析技術では、凝集系内部の応力分布を可視化するのは困難です。そこで私は、力に応答する発光分子プローブを開発し、その応力応答域、励起•発光波長、分子の局在を設計してライブラリー化することで、環境を選ばない応力イメージングに挑戦します。

プログラム

  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
  • AI時代と科学研究の今
  • AIPネットワークラボ
  • JSTプロジェクトDB
  • 終了事業アーカイブズ
  • ご意見・ご要望