【西内 満美子】極相対論的光電磁場における重元素低主量子数電子の電離機構の解明

さきがけ研究者

西内 満美子
西内 満美子

量子科学技術研究開発機構
量子ビーム科学研究部門
上席研究員

研究概要

本研究では、半古典近似に基づく現状の光電離過程モデルでは考慮されていない光磁場の効果が、相対論的強度領域では無視できなiことを実験的に示します。「準静的電場」と「光電磁場」の異なる極強度電場を、レーザーを用いたユニークな手法で発生させ、両者における電離過程の違いを明らかにし、重元素の低主量子数電子の電離過程という相対論的光強度領域の未解明問題に対して、実験結果を基に新規電離モデル構築に挑戦します。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

arrow さきがけ研究者たちの活躍(研究成果)

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望