【植竹 智】原子コヒーレンスによる微弱QED過程の極限制御

さきがけ研究者

植竹 智
植竹 智

岡山大学
異分野基礎科学研究所
准教授

研究概要

本研究では、光と原子集団のコヒーレント相互作用を究極的に制御することで、弱い相互作用を含む電弱過程の人為操作を可能とする新技術開発の基礎を固めます。研究期間中の目標は、非常に微弱なQED過程-磁気双極子放射や電気四重極放射、そしてそれらを含む多光子放射過程-の発生レートを大幅に増幅し観測することで、新技術の原理実証を行います。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

arrow さきがけ研究者たちの活躍(研究成果)

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望