【井上 圭一】新規光受容タンパク質が先導する新しいオプトジェネティクス

さきがけ研究者

井上 圭一
井上 圭一
東京大学
物性研究所
准教授

研究概要

体の中では多様な種類のイオンが、様々な生命現象に関わっています。これらのイオンの動きを制御することができれば、生物学的研究に大きな知見を与え、医療応用に向けても重要な要素技術となります。そこで本研究では光のエネルギーを使って、それらのイオンを、イオン種選択的に自由に操作することが可能な、生体にとって安全なロドプシンタンパク質をベースとした新規分子ツールの開発に取り組みます。

プログラム

  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
  • AI時代と科学研究の今
  • AIPネットワークラボ
  • JSTプロジェクトDB
  • 終了事業アーカイブズ
  • ご意見・ご要望