【余語 覚文】新規量子源としての相対論的磁気リコネクション

さきがけ研究者

余語 覚文
余語 覚文
大阪大学 レーザーエネルギー学研究センター
准教授

研究概要

本提案では、ペタワットレーザーを用いることで、キロテスラ級の磁場同士のリコネクションを発生させ、その強烈なエネルギーを高速イオンに変換する新しい量子源の原理実証を目指します。研究期間中の目標は、①磁気リコネクションによるメガ電子ボルト級イオン加速を実証する ②磁気リコネクションによるイオン加速を中性子源や医療用イオン源等へ応用するための可能性を検証する、の2点です。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

arrow さきがけ研究者たちの活躍(研究成果)

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望