【小川 美香子】光と生体の新たな相互作用を利用したがん治療法の開発

さきがけ研究者

小川 美香子
小川 美香子
北海道大学
大学院薬学研究院
教授

研究概要

この研究では、光を使って副作用のないガンの根治療法を開発します。このガンに厳しくヒトに優しい新しい治療法では、見えないガンも散らばったガンも近赤外光と呼ばれる毒性の無い光で殺傷することができます。通常の抗がん剤と異なり、正常細胞には影響がありません。メカニズムを明らかにし効果的な治療を実現するだけでなく、体中のガンを殺すために光の性質を最大限に生かした新たな医学利用法も開拓します。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

arrow さきがけ研究者たちの活躍(研究成果)

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望