【古川 正紘】歩行の感覚統合過程モデルの構築と誘導手法への応用

さきがけ研究者

古川 正紘
古川 正紘
大阪大学
大学院情報科学研究科
助教

研究概要

本研究では、ヒトの歩行を「意識せずに感覚と運動が統合される機能」と考え、この機能について再現可能な数理モデルを構築することにより、運動予測に基づいた歩行誘導技術へと発展させていきます。このモデルは、歩行戦略という複雑な現象を神経生理学的実態により近い形で表現したものであり、歩行の解析・予測・誘導に用います。歩行状態を実時間で推定・予測するのみならず、歩行誘導と統合することによって、歩行者の動作意図に基づいた歩行誘導技術の実現を目指します。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

arrow さきがけ研究者たちの活躍(研究成果)

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望