【吉田 さちね】次世代型子育て支援:乳児鎮静化の神経基盤とアルゴリズム

さきがけ研究者

吉田 さちね

吉田 さちね

東邦大学
医学部解剖学講座微細形態学分野
助教

研究概要

赤ちゃんを抱っこして歩くと、泣き止んでおとなしくなります。同じような反応はライオンやネズミなど動物の仔でも見られます。乳児と仔マウスの比較研究から、親に運ばれておとなしくなる時、乳児も仔マウスも同じ行動・生理変化を示すことが明らかになりました。本研究では、このようなこどもの鎮静化に着目して、乳児と仔マウスの解析を行い、鎮静化の神経基盤解明と科学的根拠に基づいた育児支援デバイス開発を目指します。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

arrow さきがけ研究者たちの活躍(研究成果)

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望