【小林 洋】生体レオロジー特性のセンシングおよび情報処理技術の確立とその医療応用

さきがけ研究者

小林 洋

小林 洋

大阪大学
大学院基礎工学研究科
准教授

研究概要

本研究では、生体レオロジー特性と言われる、人間の “硬さ、柔らかさ” を測定する情報処理技術を開発します。様々な細胞・組織・繊維からなる複雑な人間のレオロジー特性をモデル化、定量化する研究を実施することで、触診と言われる医療手技の情報を人間の健康状態を把握するための重要なデータとして蓄積することを可能とします。ロボット技術を応用したセンサシステムに実装することで、正確かつ安全な測定を実現します。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

arrow さきがけ研究者たちの活躍(研究成果)

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望