【飛龍 志津子】コウモリの生物ソナー機構に学ぶ、ロバストな実時間空間センシング技術の創出

さきがけ研究者

飛龍 志津子

飛龍 志津子

同志社大学
生命医科学部
教授

研究概要

生物が有する高度な機能やアルゴリズムには、未来のテクノロジーに繋がる技術シーズが数多く秘められています。本研究は、”生物ソナー”と呼ばれるコウモリの効率的な超音波センシングの仕組みや合理的な運用方法を、実験と理論に基づいて明らかにすることで生物の知恵に学びます。人々の動作や移動を安全に支援するための次世代センサ技術やナビゲーションシステムなど、社会に役立つ新しい工学技術の創出を目指していきます。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

arrow さきがけ研究者たちの活躍(研究成果)

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望