【中村 亮一】解剖・作業情報の計測・分析・提示技術に基づく外科医療の最適化

さきがけ研究者

中村 亮一

中村 亮一

千葉大学
フロンティア医工学センター
准教授

研究概要

本研究では、国民に信頼される医療サービスの提供を目指し、情報学的手法による分析を通じた外科医療の定量的理解と最適化を実現する技術を開発します。手術における患者解剖と術者手技のデジタルデータに基づく計測・分析・評価法の開発と、課題解決につながるアプリケーションの開発を通じ、外科医療の高度化、信頼性向上、新規医療技術・機器の研究開発・実用化促進に資する新たな外科医療情報戦略のための基盤技術を築きます。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

arrow さきがけ研究者たちの活躍(研究成果)

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望